誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!

クエバ・デ・ラス・マノス  私が死ぬまでに行ってみたい 神秘的な洞窟-5

絶景 洞窟

クエバ・デ・ラス・マノス    私が死ぬまでに行ってみたい 神秘的な洞窟-5
  • Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録
今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法


「多くの手の洞窟」という名のクエバ・デ・ラス・マノス


クエバ・デ・ラス・マノスはイグアスの滝で有名なアルゼンチンの南部、サンタ・クルス州にあるピントゥラス川流域の渓谷の洞窟です。
その名の「多くの手の洞窟」の意味する通り、多くの手の跡が残された洞窟壁画が代表です。

先史時代に描かれたとされる壁画が残され紀元前1万1000年ごろから紀元後700年ごろまで、この地に断続的に移動してきた住民によって描かれたものだとされています。

約270mの範囲に点在する壁画の中には、グアナコやニャンドゥなど、この地域独自の動物が描かれているものや、「手の洞窟」には800もの手形が残されています。

出典 http://worldheritagesite.xyz

謎の洞窟手形+長い指の謎

不思議な場所でした。9300年前から始められたという手形の装飾


9000年前の手形の洞窟・クエバ・デ・ラス・マノス(アルゼンチン)

無数の手形が付けられた洞窟があります。
手形は紀元前6~2世紀、壁画に至っては紀元前9000年(紀元前90世紀)頃。

手形に関しては、もっともっと時代は新しく、紀元前550年ぐらいだろうとされている。
これらは、凄くアートに見えますが、実際は「成人」となるための通過儀礼として手形を残したのではないかとする説が有力です。

手形を洞窟に残せば、「おとな」と認められた?

旅する鈴木  9000年まえの「手の洞くつ」


アルゼンチンにある「クエバ・デ・ラス・マノス」は、「(多くの)手の洞窟」を意味する名前の通り、残された無数の手形の跡の洞窟壁画が印象的な洞窟。

1999年にユネスコの世界遺産に登録されています。

手形は、絵の具を手に付けて描かれたものではなく、洞窟の壁に手をつき、その周りに塗料を吹き付けることで、手形を浮き上がらせる手法が用いられています。

洞窟には手形以外にも、人、グアナコ、レアや、ネコ科の動物をはじめとする他の動物群なども描かれています。

幾何学的造形やジグザグの線刻、太陽を表しているらしい絵や狩りの様子なども描かれています。

手形のほとんどは左手。
このことは、彼らがパイプを利き手(右手)で持っていたことを示唆しています。

手形のサイズは13歳くらいの少年と同じようにも見えますが、彼らが現代人よりも小柄であったであろうことを考慮すれば、もう少し上の年齢だったと思われます。
手形を印すという行為は、聖地であった洞窟における成人通過儀礼であったと考えられています。



出典 http://commonpost.info


“不思議な洞窟”

近郊の町、ペリトモレノの宿でツアーに申し込んで行ってきました。
洞窟の入り口に受付がありトイレはありますが、周りには何も無く交通手段も無いようなところですので、自力で行くのは一般的ではないように思います。
見所はやはり壁面を覆う不思議な手形ですが、ピントゥラス渓谷も雄大で素晴らしい眺めが楽しめます。

見学自体にはそれほど時間もかかりませんが、往復で6時間くらい車に揺られることになります。写真を見て「面白そう」と思えないと時間の割には満足度は低いかも知れません。

好きな人には世界に二つとない場所だと思いますので、パタゴニアに来たらぜひ寄ってみて欲しいです。

出典 http://www.tripadvisor.jp

先史時代に描かれたとされる壁画が数多く残る。有名なのが、「手の洞窟」を意味するクエバ・デ・ラス・マノス。

ピントゥーラス川のクエバ・デ・ラス・マノス アルゼンチンの世界文化遺産

何千年も昔の人たちが残したものらしい。 いつの時代も人間の考え出す技術というものは偉大。

1
  • Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録
  • 日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin
今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法

ピックアップ!

ピックアップ!

憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!

タグ

月別アーカイブ

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin