次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ

知らなかった? ノイシュバンシュタイン城の秘話

世界遺産

知らなかった? ノイシュバンシュタイン城の秘話
  • 今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法
稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう

出典:http://kakkokuhannou.com/wp-content/uploads/2016/04/%E3%83%8E%E3%82%A4%E3%82%B7%E3%83%A5%E3%82%A6%E3%82%99%E3%82%A1%E3%83%B3%E3%82%B7%E3%83%A5%E3%82%BF%E3%82%A4%E3%83%B3%E5%9F%8E.png

シンデレラ城のモデルにもなりました。


ノイシュヴァンシュタイン城

中世の騎士に強い憧れを抱いた孤高のバイエルン王ルートヴィヒ2世の夢の凝縮した絢爛豪華なおとぎの城。

ドイツ南部・バイエルン州の南方、森に囲まれたホーエンシュバンガウに建設され、緑豊かな自然の景観の中に溶け込んだ白亜の城のシルエットはため息が出るほどの美しさ。

バロック、ゴシック、ルネサンスなどあらゆる建築様式を取り入れられ、ディズニーランドのシンデレラ城のモデルにもなりました。

白亜の城「ノイシュヴァンシュタイン城」(内部も)

名城 雨に煙るノイシュヴァンシュタイン城

ノイシュヴァンシュタイン城の内部写真

出典 http://c1.staticflickr.com


「謁見の間」は、高さ15メートルのアーケードが設けられた広間で、
金と青による非常に豪華な内装で目がくらむほどです。

ノイシュバンシュタイン城 城の内部 壁画がすごい!

ノイシュヴァンシュタイン城 部屋配置図

出典 http://i.gyazo.com

ノイシュヴァンシュタイン城 全景

出典 http://livedoor.blogimg.jp

出典 http://livedoor.blogimg.jp


遂に、入場できることになった、ノイシュヴァンシュタイン城。
オーディオガイド片手に、十数人1グループとなって城内見学が始まります。

ですが、例のごとく城内は撮影禁止。

撮影禁止の上、まるでディズニーランドのアトラクションかのように、見学はわずか30分足らずで終わってしまいましたので、印象などあまり強く残りませんため息

残ったものは物足りなさとやりきれなさ。

ノイシュヴァンシュタイン城ほど、お城から出た後にセンチメンタルになるお城はありませんぶー

出典 http://ameblo.jp

出典 http://2.bp.blogspot.com

玄関ホール

正面階段を経た後に最初に訪れるのが、この玄関ホール。

ビザンチン様式の応接ホールです。

壁画は、珍しく12使徒や6人の王たち、そしてキリスト、マリアなど聖書による絵画が描かれています。

この玄関ホールは、王の居住スペースと応接ルーム(玉座の間)を仕切るスペースとなっています。

玉座の間

ここは、注目すべき見所のひとつ。

ビザンチン様式の応接ホールです。カララ大理石の階段は後陣へかけられ、後陣には玉座を取り囲む予定だったのですが、建設中止となり、空っぽの状態にいまでもなっています。

壁画は、珍しく12使徒や6人の王たち、そしてキリスト、マリアなど聖書による絵画が描かれています。

床は、15mかける20mのモザイク床となっており、この空間はオリエンタルな雰囲気が漂っています。

出典 http://ameblo.jp

ルートヴィヒ二世と、ワーグナー

出典 http://pds.exblog.jp

歌人の間

歌人の間の手本となったのは、チューリンゲンの森にあるヴァルトブルク城。
このサロンは、コンサートやオペラを上演するために造られたのですが、実に残念なことに、ルートヴィッヒ2世の生前には、一度も使われることがなかったそうです。

1933年、ワーグナーの没後50年の命日を記念して初めてコンサートに使われることとなったのです。

出典 http://ameblo.jp

19世紀ドイツの作曲家「リヒャルト・ワーグナー」は、「歌劇王」の別名で知られ、同時代の音楽シーンをリードした。

ルートヴィヒ二世は、ワーグナーの作りだす音楽の世界に憧れ、彼の作品を自身の城館の内装にも取り入れた。

城内では、「タンホイザー」、「トリスタンとイゾルデ」、「ローエングリン」、「ニュルンベルクのマイスタージンガー」などの場面を見つけることができるはずだ。

世界遺産じゃないの!!?てのがあってびっくりする。 ノイシュバンシュタイン城とか凱旋門とか・・・

洞窟の部屋もある!!

出典 http://blog-imgs-12.fc2.com

ヴィーナスの洞窟。

テーマパーク状態の洞窟は他の部屋と壁一枚隔てただけのところに突如現れます。
洞窟の入り口のドアは、片面には壁紙、片面には洞窟の岩壁が張られているおかしなもの。

王はタンホイザー伝説にあるヘルゼベルクの洞窟を念頭において、居間と執務室の間にロマンチックな時代趣味に沿った人工鍾乳洞を造らせました。
洞窟の窪みには効果的に照明を配し、滝も設置されていました

ノイシュバンシュタイン城。目を奪われるその美しさにウットリします。

ノイシュバンシュタイン城です。館内撮影禁止なのが残念でした。

ノイシュヴァンシュタイン城の中



バルコニーから美しい景色が見えます。

出典 http://walttraveler.com

出典 http://image.space.rakuten.co.jp

出典 http://blogimg.goo.ne.jp

居間

人工的に造られた鍾乳洞を通り抜けると、王の居間にたどり着きます。

4本の白い柱は、「白鳥の角」と呼ばれているようで、確かに目をひきます。

壁画には、ワーグナーがロマンティック・オペラの最高峰『ローエングリーン』の伝説。ルートヴィッヒ2世が偏愛するワーグナーの音楽の題材がこのようにいたるところで絵画化されています。

現実逃避の夢をお城にした?!

 
ルートヴィヒ2世は、即位から4年目の1868年に新しい城の築城を命じました。

その新しい城の構想は、ホーエンシュヴァンガウ城で過ごした幼年期に傾倒を深めた中世の騎士道の伝統に沿ってルートヴィッヒの頭の中に生み出されたものでした。

おとぎ話の世界に登場するかのようなノイシュヴァンシュタイン城ですが、実は、本当にルートヴィヒ2世の
夢の世界を実現しようと建てられたお城なのです。


18歳の若さでバイエルン王国の国王となったルートヴィヒ2世は、争いや政治の世界から次第に現実逃避するようになり、自分の作り出したファンタジーの世界に生きるようになったそうです

たった172日間だけの王の居城


1880年頃には城の主な部分が建設が終わりましたが、ようやく実際に住める状態になったのは1884年頃でした。そして、城はまだ工事中だったにもかかわらず、

1884年5月から6月にかけて13日間、ルートヴィヒ2世が最初の滞在をしたとされています。


それから2年後の1886年、ルートヴィヒ2世は失意の中、退位を余儀なくされたあげく、謎の死を遂げましたが、その間にこの城滞在したのは計172日だと言われています。

そして、王の死後もノイシュヴァンシュタイン城の工事は続けられ、工事がすべて終了したのは1892年のことでした。

出典 http://dramatic-history.com

1
  • 旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸
  • 日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin
誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!

関連記事

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin
日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

ピックアップ!

ピックアップ!

誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!

タグ

月別アーカイブ

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin